SEO対策 マジシャン渋谷竜一のブログ マジックと超能力

2008年05月17日

占い師

最近、こんなCMがありますよね。

怪しげな部屋で怪しげな衣装をまとった占い師が水晶玉を覗いている。
占い師の前には若い女性が座っている。

占い師「恋の悩みですね」

女性「あっいえ、家の悩みです」

占い師「住んでるマンションには悪い気が…」

女性「一軒家です」

占い師「二階のトイレに」

女性「トイレは一階です」

占い師「猫を飼っている」

女性「これ、犬の毛です」

占い師「い、家の悩みですね」

女性「それさっき言いましたけど」


「しっかりしなきゃ」とつぶやきながら占い師のもとを去る女性


なかなか面白いCMですが、実はこれ、占い師の使うトリックを端的に表しています。

占い師や霊能者が、相手の考えや素性を言い当てる方法には、「ホットリーディング」とよばれるものと「コールドリーディング」とよばれるものがあります。

ホットリーディングとは、対象の相手のことを前もって調べておくという方法です。
故宜保愛子さんなどは、徹底したホットリーディングを行っていたと聞きます。
レオナルド・ダビンチの霊視をした祭に、ある書物に書かれていた間違った情報をそのまま伝えてしまったという話を聞いたことがあります。

コールドリーディングとは、相手の外見、話の内容などから得られる情報を取り入れ、巧みに占いとして話していくという方法です。

シャーロック・ホームズは、パイプ一つからその持ち主の外見や性格をズバズバ言い当てます。
これもコールドリーディングと言えます。

CMではまず、「恋の悩みですね」と言います。
若い女性が占い師に尋ねるとすれば、かなり高い確率で恋のことでしょう。

「家のこと」と聞いて、若い女性ならマンションと、肩についた動物の毛を見て猫をと・・・

コールドリーディングがことごとく失敗した例です。

実際には、占い師ははずれたときの逃げ道をちゃんと用意しているんですけどね。
前に書いた「松の木」のような感じです。


最後の「(占いなんかに頼ってる場合じゃない、自分が)しっかりしなきゃ」ってセリフもなかなか気のきいたメッセージですね(^^


http://www.richard-shibuya.com/
posted by 渋谷竜一 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。