SEO対策 マジシャン渋谷竜一のブログ マジックと超能力: 超能力喫茶B

2008年04月07日

超能力喫茶B

前に指輪テレポートの話をしました。

今回はそれに少し似た話です。

超能力喫茶信者の女性からのメールでした。

その女性は、半年ほど前の海外旅行中に無くしてしまった指輪が、超能力喫茶へ行く途中の電車の中で、バックの中から出てきたというのです。

彼女はこれを喫茶店のマスターの起こした奇跡と主張するのですが、それはちょっと首をかしげたくなります。

もしマスターが「あなたのなくした指輪はいついつ、どこどこから出てきますよ」と言って、その通りになれば、超能力かもしれません。

でもそうではありません。 この場合は、「なくなった指輪がたまたま出てきた」というだけの話です。

そう言うと、彼女は、「しかし海外旅行に持っていった鞄と、指輪が出てきた鞄は違うものだった。 だから普通ではあり得ない。やはりマスターが奇跡を起こしてくれたのだ」と譲りません。

そこで私は仮説をたててみました。
指輪は海外旅行中、衣服、又は荷物の中の小物か何かの中に紛れて引っかかった状態だった。 帰国して、それを別の鞄に入れ替え、その中で落ちてしまった。

すると、彼女は「そんなことあるはずがないでしょ。 あなたは想像力が豊かですねぇ(笑)」と返事してきました。


う〜ん、超能力で海外から鞄の中へ指輪をテレポートさせたと思いこむ方がよっぽど想像力が豊かだという気がしますが・・・・


つまり、こういった少しハズれたことを信じ込んでしまった人は、常識の範疇そのものがズレてしまうようです。

たしかにオウム信者やライフスペースの「定説です」などは、これの顕著な例ですね。

誤った方向へつっ走っていった人を元に戻すのは大変なことです。
どんなにトリックである証拠をつきつけても、真実に目を向けようとしません。

しまいには、「確かに彼のやっていることは手品かもしれないが、それとは別に、彼には超能力がある。」などと言い出す始末。

彼の技を見て超能力だと信じたのに・・・・
原因と結果が逆転して、とりあえず「超能力ありき」になってしまってます。 ヤレヤレ


http://www.richard-shibuya.com/

 
posted by 渋谷竜一 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。