SEO対策 マジシャン渋谷竜一のブログ マジックと超能力: 偶然と必然

2008年04月19日

偶然と必然

昔、占い師はよく「貴方の家の庭に松の木がありますか?」
と言ったそうです。
もしあれば、当たったということになります。
「ない」と言われた場合は、「それはよかった。松があれば災いを招くところだ」と答えます。
そうすれば、はずれたという印象はなくなります。

では、以下のマジックのタネがわかりますか。

マジシャンは一組のトランプを出し、客に渡してよく調べさせます。
それを受け取って、テーブルに裏向けに広げます。
そして、「あなたはハートのエースを選ぶでしょう」と言い、その後客に自由に一枚取らせます。
客の取ったカードはまさにハートのエース。 もちろん、ハートのエースは一枚しかなく、トランプにも仕掛けはありません。

タネを明かすと馬鹿馬鹿しいのですが、単に52分の1の確率に頼っているだけです。
マジシャンは、カードを選ばせるたびに、「あなたはハートのエースを選ぶ」と言っていたのです。
そうすれば、確率的に52回に1回は当たることになります。
はずれた場合は、「ははは、そんなわけないですよね」と冗談だったことにして、すぐに引いたカードを使って別のマジックを行うのです。 最後にそのカードとハートのエースをすり替えるマジックをして、「やはりあなたの引いたカードはハートのエースだったんですね」と言ってつじつまをあわせます。

52分の1の確率でハートのエースを引いた客は大変驚き、超能力だと思いこむかもしれません。


百万分の一の偶然は、事象が百万あれば必然になるのです。

これを巧みに使う偽超能力者は結構います。


http://www.richard-shibuya.com/
posted by 渋谷竜一 at 21:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
必至すぎて怖い美しい人揃いで、ただ眺めるだけでも楽しめそう
Posted by 長澤まさみ 髪型 at 2013年06月28日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。