SEO対策 マジシャン渋谷竜一のブログ マジックと超能力: ビリーバー、アンビリーバー

2008年04月30日

ビリーバー、アンビリーバー

超能力の存在を主張する人には、大きく分けて2種類あります。

○本気でそれがあると思いこんでいる人

○実際は超能力などないと思いながら、他人にはそれを信じさせようとする人

前者をビリーバー、後者をアンビリーバーと呼ぶことにしましょう。

アンビリーバーは、自称超能力者の多くが当てはまります。
自発的にトリックを使っているわけですから、確信犯です。

面白い話ですが、この超能力者を語る人の方が一般の人よりも、本心では超能力の存在など全く信じていないというケースが多いようです。

特に、商売としてそれをやっている人は、見事なほどに割り切っています。

まあ、新興宗教やマルチ商法などと同じで、このような商売は良心を完全に排除しないと成り立たないのでしょう。

一番たちが悪いのは、病気治療をうたった超能力者でしょう。
正規の治療に使うべき時間やお金を浪費させて、手遅れになる場合も考えられます。
特に、「癌が治る」このキャッチフレーズは絶対に注意してください。
藁をもすがる思いの人、その弱みにつけ込む最悪の例だと言えます。


アンビリーバーの巧みな話術に信じ込まされたビリーバーも、別の意味でたちの悪い存在です。

そのような人は暗示にかかりやすくなり、スプーン曲げなどで、「曲がれ曲がれ」と思っているうちに無意識に力が入ってしまったり、偶然に起こったことを「奇跡」と信じてしまったりします。

騙そうとしてやっている人は、注意深く話を聞くとどこかに不自然な感じが読みとれるものです。
ところがビリーバーは実際に「良いこと」と思ってやっているわけですから、その言葉にも変な誠実さや真実味があります。

それがまた新たなビリーバーを作ってしまうわけです。



http://www.richard-shibuya.com/

posted by 渋谷竜一 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95165556

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。