SEO対策 マジシャン渋谷竜一のブログ マジックと超能力: 超能力喫茶D

2008年06月01日

超能力喫茶D

超能力喫茶を訪れた人からもらったメールの中で、もっとも超能力だと信じられている現象が、「両親の名前あて」です。

これは噂だけではなく、本当に行われています。
私自信も体験しました。

初めて訪れた客の、そこにいない両親の名前を当てる・・・確かにそんなことは手品では不可能でしょう。

詳しく現象を説明するとこうです。

マスターは客の一人に紙とペンを渡します。
その紙に、誰にも見えないように両親の名前を書くように言います。
そして、その紙を4つに折りたたんで、中が透けて見えないことを確認させ、マスターに返します。
マスターはそのたたまれた紙をグラスの中に入れます。
その後、そこに書かれた両親の名前をあてるのです。

さて、おわかりでしょうか。
これは「両親の名前をあてる」のではなく、「紙の中に書かれた内容をあてる」のです。

そのような手品はたくさんあります。

しかし、あてられて人は、「紙に書かれた内容をあてられた」とは言わずに、「両親の名前をあてられた」と言います。
そこで、「そんなことは手品ではできない。やはりあれは超能力なんだ。」となってしまうのです。



私もあてられたのですが、私が書いたのは偽名でした。
そして、マスターがあてたのも、その偽名でした。(笑)


http://www.richard-shibuya.com/
posted by 渋谷竜一 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98782994

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。